演劇を良く観るようになりました。

演劇を良く観るようになりました。

私はよく映画を観ていたのですが、最近の映画も当たりはずれがあり、
マンガの原作モノやテレビの続編モノが多くなってきて、
単館系のマニアックな映画があまり上映されてこないというのが不満でした。

 

確かにこの不況下で利益を上げようと思ったときには、
こういう目立つ、分かりやすい映画を上映したいという気持ちは
分かるのですが、しかし昔のマニアックな映画がたくさん上映されていた
時代を知っていると少し寂しいものがあります。

 

そういう時代背景もあって、最近は演劇を観ることが多くなってきました。
小演劇の世界だと2千円から3千円くらいの価格帯で観ることができますし、
人気の劇団といえども、演劇はそれほどチケットの争奪戦になる人気劇団でない限り、
すぐにチケットを取れますから、映画と同じような感覚で観ることができます。

 

特に、人が実際に目の前で動いているというこの事実を見ると、
映画のフィクションと演劇のフィクションは違うのだなと肌で感じることができてたまりません。


ホーム サイトマップ